インプラント治療

インプラント治療とは

あごの骨に穴を開けて人工歯根を埋入する方法です

インプラント治療とは、歯を失った際に人工歯で補う治療方法の一つです。歯を失った部分のあごの骨にドリルで穴を開けて、人体と親和性の高いチタン製の人工の歯の根(インプラント体)を埋入します。

インプラント治療のメリット

周囲の歯にダメージを与えない

インプラント治療の大きなメリットは、入れ歯やブリッジと異なり、周囲の歯に負担をかけないことです。部分入れ歯では隣の歯に金属のバネを引っ掛けて支える必要があり、またブリッジを行う場合は歯を失った部位の両隣の歯を削って土台を作らなければなりません。

インプラントの場合はあごの骨に直接、人工歯根を入れるため、隣の歯にダメージを与えないで済み、周囲の歯を守ることができるのです。

しっかりと噛むことができる

インプラントはあごの骨を支えにしており、人工歯が機能する土台がしっかりとしているため、天然歯とほとんど変わらない噛み心地を得られます。歯を失っても食べ物をおいしく食べることができ、患者さんの生活の質(QOL)を損なわずに済むのです。

当院におけるインプラント治療

短くて細いインプラント体を使い、患者さんの負担を減らします

あごの骨に埋入する人工の歯の根のことをインプラント体と言いますが、当院では患者さんの負担を減らすためにどうすれば良いかを考えてインプラント体を調整・使用していることに特徴があります。

当院が使っているインプラント体は通常のものよりも短くて細いのです。ですから、骨を削る量が少なくて済み、またあごの骨が薄い難症例の患者さんにも場合によっては治療を行うことができます。

またインプラント体が細いほど感染リスクも減らせられます。手術時間が短くて済み、術後の痛みを軽減する効果も見込めるなど様々なメリットが挙げられます。

当院が使用するインプラント体のメリット

細めで短いものを使っているため

骨を削る量が少なくて済む
手術時間が短縮できる
感染リスクを減らせられる
術後の痛みが少なくて済む
あごの骨が薄い難症例でも治療を行える場合がある

当院がなぜ短くて細いインプラント体を使うようになったか

院長は約20年前からインプラント治療を行っていますが、ガリガリとあごの骨を削って穴を空けることに対して当時から疑問を持っていました。そんなときに出合ったのが独自のインプラント「オガ・インプラント」を使用している「小笠原歯科診療所」(福井県福井市)の小笠原久明先生だったのです。

 

治療後のメンテナンスについて

ケアが不十分だと、インプラントも病気になってしまいます

インプラントも天然の歯と同様に、治療後のセルフケアが大切です。インプラントを行った歯も、セルフケアが不十分だとインプラント周囲炎という病気にかかってしまいます。インプラント周囲炎とは、インプラントに起きる歯周病のことで、インプラントとその周囲に歯周病の原因菌が繁殖して、インプラントを支えるあごの骨を溶かしてしまいます。

インプラントの状態に問題ないかをチェックし、適切なセルフケア方法を学ぶためにも治療後は定期的に歯科医師に確認してもらうようにしましょう。

当院では3ヵ月に1回の定期検診を必ずお願いするようにしています。目視のほか、状態によってはX線撮影を行い、目に見えない骨の内部の様子など確認します。

よくある質問

Q

あごの骨に金属を埋め込んでも体に害はないのでしょうか?

A

使用する金属は人体となじみやすく、腐食しないチタンを使用しているので安全です。

Q

インプラント治療を行えない場合はありますか?

A

下記のケースでは行えないこともあります。

  • アルコール依存症の方
  • 糖尿病などの全身疾患をお持ちの方
  • チタンへのアレルギーを持っている方など

くわしいことはご相談ください。

Q

インプラントの治療期間は?

A

通院期間は個人差があり、通常だと約3~6ヵ月です。また通院回数も個人により異なりますが、通常は6~8回くらいです。

Q

手術は痛くないですか?

A

事前に局所麻酔を行うため、痛みの心配はありません。手術は約1~2時間くらいです。

Q

インプラント治療は健康保険が適用されますか?

A

残念ですが、健康保険は適用されません。費用はインプラント治療を行う本数や難易度によって異なりますので、ご相談ください。

料金について

埋入手術 1ヵ所あたり ¥200,000円(税別)~
人工歯の製作 1本あたり ¥100,000(税別)~
  • プライベートな空間で
    あなたに合った治療を提供します
    適切なケアを行えば、歯は、考えている以上に長持ちします。
    健康であることの幸せを、ぜひこの機に実感してみませんか。
  • お気軽にお問い合わせください/03-3498-2336/10:00~13:00/14:30~18:00/休診日 木曜・日曜・土曜午後・祝日
  • bottom_tel.jpg
  • 院長ブログ